利用案内

営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所・電話番号
530-0015
大阪市北区中崎西4−1−7 グリーンシティ 205号
tel/fax : 06-6147-5774
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

プロフィール

water bear

Author:water bear
大阪市北区中崎西(中崎町)にあるギャラリーです。お世話になった現代美術への恩返しとして若い現代アート作家を応援します。ウォーター・ベアは、環境ストレスへの驚異の耐性を持つくまむしさんのことです。
また、まちライブラリーとして図録数百冊を自由に見ることができます。
お申込みは、アドレス:yo_kai_yf6@me.com へお願いします。
URL : http://waterb.jp


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ブログ は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
*他者に著作権のあるものはこの限りではありません。

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


キャンドルナイトのA3マップ

2月のキャンドルナイトは今年もあいにくの雨でしたが、メイン会場の中崎町ホール前にはたくさんのテントを張ってにぎやかにキャンドルを飾っていました。

20180303マップ_MG_3180

今日は、その実行委員会の国吉テッドさんなどが来られて、新たに作られたA3のマップを持って来られました。
A2の紙を二つ折りして、マップ以外の面には協賛店舗の一覧があります。

20180303マップ_MG_3176

あまり枚数はありませんが配布しますので、中崎町マップとしてご利用ください。
スポンサーサイト

第8回中崎町キャンドルナイト〜済美冬祭り〜

夏の済美フェスティバルとともに中崎の2大まつりのキャンドルナイトがもうすぐです。



第8回になる今年は、2月10日土曜日に開催されます。

20180121candle_MG_2159.jpg

くわしいことは、無料で配布しているこのパンフレットをご覧ください。

20180204candle_MG_2564.jpg

13時から中崎町ホールで写真展や音楽イベントなどがあるようです。

20180204candle_MG_2565.jpg

協賛店舗を載せた中崎町マップもついています。

20180204candle_MG_2568.jpg

各店の案内もあり、下から3つめがウォーター・ベアです。

20170211キャンドルナイト2-7_MG_0806

去年の写真を3枚ほど載せておきます。

20170211キャンドルナイト2-8_MG_0834

いい写真が撮れたら、ぜひプリントしてお持ちください。

20170211キャンドルナイト2-3_MG_0783

3月まで常設展の時展示します。(お一人1枚、A3まで。)

谷町筋を歩く

正月恒例、人の少ない大阪中心部歩き、です。
今年は谷町筋。

20180101谷町1_MG_1547

去年は、北浜から堺筋を歩いたので、今日は南森町から歩きます。
まだここは天神橋筋、ビルにへばりついているようなのは大阪天満宮の鳥居です。
左のビルの窓からひょいと鳥居の上に乗って右のビルに移れそうですが、別になんの用事もなさそうです。

20180101谷町2_MG_1548

一見柱のようですが、建物との間に空白があります。
何かの用のため建っているわけではなさそうです。

20180101谷町3_MG_1561

天神橋の手前を左折して大川沿いを東へ歩くと見えてくるのは、八軒屋浜船着場です。
上はかつて松坂屋だった商業施設、手前の水上バスは止まらずに進んでいきました。

20180101谷町4_MG_1571

天満橋は江戸時代から大阪を代表する橋のひとつですが、お江戸日本橋同様橋の上を高架道路が通ります。
個人的には、意外と中途半端に新旧が混在したこういう景観、けっこう気に入っています。

20180101谷町5_MG_1579

さて、天満橋を渡った先の交差点から谷町筋が始まります。
「谷町筋」と書いた標識を見ると、右がまっすぐ左が矢印になっています。
まっすぐな方が、ここから始まる、またはここで終わるということを意味しているようです。

20180101谷町6_MG_1586

中間にある標識はこんなふうになります。

20180101谷町7_MG_1584

しかし何かの事情で、強引に曲げてある場合もあるので、ご注意ください。

20180101谷町8_MG_1588

谷町四丁目に近づくと見覚えのある景色が、府庁別館、ホテル、パスポートセンターなどですが、
数年前まで府立現代美術センターのあったところです。
いつもは、駅から地下道で行きましたが、時々こちら側に出ることもありました。

20180101谷町9_MG_1592

少し行くと井原西鶴終焉の地。
上に「此界隈」とあるので、まあだいたいこの辺りということでしょうか。

20180101谷町10_MG_1610

しばらく歩いて谷町六丁目を過ぎると、たしかこのビルだったのですが、もしかしたら隣のビルかも・・・

20180101谷町11_MG_1625

近づくと看板が、大阪文学学校。
週に2回楽しく通いました。
チューターだった川端柳太郎さんが、いますぐプロとしてやっていけるけど育児休業中だってと、きょうびの若い者は欲がないといったニュアンスで、うわさしていた女性はどうやら玉岡かおるさんのようでした。

20180101谷町12_MG_1612

授業が終わった後の一杯飲みも楽しみでしたが、よく行ったのがここ、すかんぽ。
長いこと行ってなかったのでどうなっているんだろうかと思っていましたが、まだありました。
手前の店ではなく、看板の横の細い階段を上がった2階です。
いち揚げ、すじポッカ、カオリフェなど、今でもおぼえています。
辛いのは日本の唐辛子、朝鮮の唐辛子は辛い中にも甘みがある、というオーナーの金時鐘さんのことばがなぜか記憶に残っています。

20180101谷町13_MG_1633

さらに行くと、郵便局のあるビルとガソリンスタンドの間の細い路地の奥に近松門左衛門の墓があります。

20180101谷町14_MG_1657

突き当たりの案内板に枯枝で装飾がしてありましたので、一枚撮りました。(この左が墓になります。)

20180101谷町15_MG_1686

近松の墓の後、生国魂神社や四天王寺などがあり人通りが増えてきます。
天王寺に近づいてから見かけたのがこれ、元祖竹本義太夫誕生地。

20180101谷町16_MG_1691

そして、JR天王寺駅とてんしばこと天王寺公園の交差点で谷町筋は終わります。

20180101谷町17_MG_1697

でも道はまだ続いているので、この先なに筋なのか見に行きましたが、工事中で標識もまだのようでした。
鹿児島の市電のように阪堺電車の線路敷きを芝生化しているのが目立ちました。

武田尾の廃線跡はバリアフリーではなかった!

旧福知山線の線路跡が整備されてハイキングコースになっているので行ってみました。

20171010武田尾1_MG_8128

歩行器(歩行補助器)が必要な人と一緒でしたが、

20171010武田尾2_MG_8130

写真で見る限りでは、所々補助すれば進めそうに思えました。

20171010武田尾6_MG_8189

予定では、コース半ばの鉄橋まで行って戻るつもりでした。
が、ほとんど埋まっているように見えた枕木が、歩行器で進むためには持ち上げて補助しなければならない所が多く、

20171010武田尾3_MG_8140

また、脇の通路もうまく進められる所は少なかったので、
最初のトンネル前でギブアップしました。

20171010武田尾4_MG_8149

このトンネルは、比較的短かったので、腕を貸して通過しました。
本人はこのまま鉄橋まで行くつもりのようでしたが、
この体勢では介護者がよろめくと、倒れたりして危険なのでUターンすることに決めました。

20171010武田尾5_MG_8178

こんな線路や金属製の部品などが埋められていたりして、つまづく可能性のある事もあきらめた理由のひとつです。

ハイキングコースなので、別にバリアフリーである必要はないですし、
また障害には個人差があるので、みんながそうだと言うつもりもありませんが、
個人的な体験として書いておきます。

「わたし星」 さん 本日オープン!

20171014わたし星1_MG_8694

ウォーター・ベアの入っているグリーンシティに新しい店がオープンしました。
203号室で、先日までカケラギャラリーさんが入っていた所です。

20170916わたし星_MG_7430

メルヘン雑貨を扱う「わたし星」さんです。
階段を上がると右側からピンクの光が目に飛び込んでくるので、すぐわかります。

20171014わたし星2_MG_8695

店主の夢野ほし子さんも創作雑貨を作られるそうで、近々店にも並べるとのことでした。

20171014わたし星3_MG_8697

店中ピンクで埋まって、女の子の夢の詰まったスペースです。

 | ホーム |  次のページ»»