FC2ブログ

お知らせ


利用案内

貸ギャラリーの申込みは終了しました。
営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


丸善ジュンク堂のブックケース

近くの丸善ジュンク堂で、読書週間の期間、色の変わったレシートを集めるともらえる景品として、こんなブックケースをいただきました。

20181118ブックケース_MG_0194

ちょうど文庫本が入るサイズです。
3つに分かれていますが、300ページほどの文庫本だと2冊は入ります。

20181118ブックケース_MG_0196

ためしにキンドルも入れてみましたが、ケースをつけると入らないわけではないですがちょっと厳しい。ケースをはずすと楽に入ります。
お出かけの時、文庫本1冊と手帳そしてスマホくらい入れて持ち出すのにぴったりです。
専用のストラップも売っていましたが、どんなひもでも大丈夫なので、買いませんでした。

いい気候になったら、散歩だ楽しくなりそうです。
スポンサーサイト



来年の手帳・スケジュール帳・カレンダー

そろそろ来年の準備をする季節になりました。
毎年この季節になると頭を悩ませることになる、手帳類選びを済ませました。

20181118手帳_MG_0181

まず手帳は来年もブラウニーのA6(文庫サイズ)にしました。
手帳の条件は、見開き一週間、月曜始まり、自由筆記部分が方眼、横書きで幅が短くなる縦長のバーチカルはダメ、月単位のページは5行に収めるため特定の日の欄が半分になるのはダメ、ペンを挿せる・・・といったところでした。

20181118手帳_MG_0179

この手帳は、一見バーチカルですが、90度右へ回すと記入欄が横長になるというアイデアものです。また中央部分の色が変わっており、仕事とプライベートなど別々の用途に使うことが可能です。

20181118手帳_MG_0183

手帳だけではペンを挿すことができないので、コクヨのシステミックを追加してカバーを入れ替えて使います。来年でで3年目になりだいぶくたびれてきたので新調しました。システミックに入っているノートと手帳のカバーはセットで、年末年始プレゼントコーナーに置きます。

20181118スケジュール帳_MG_0189

次にスケジュール帳の条件は、見開き一カ月で6行になっていること、月曜はじまり、自由筆記欄は方眼で多すぎないこと等でした。
今年用は、前年までの無印良品のものがなかったのでずいぶん探して、結局カレンダーと同じリュリュアシヤのものにしました。

20181118スケジュール帳_MG_0190

が、今年はなんとコクヨのキャンパスノートで条件にぴったりのものがあったので、即決定。予算的にも半額程度です。

20181118スケジュール帳_MG_0193

まっさらの手帳とスケジュール帳を並べると「来年も頑張るぞ〜」という元気が湧いてきます。

20181118カレンダー_MG_0185

最後は卓上カレンダー。
条件は、6行、月曜はじまり、両面使用は不可、くらいでサイズはB6程度。
来年は無印から回ろうかな。
20181118カレンダー_MG_0186

今年と同じRyuRyuAshiyaのもで決まりです。
また、hakomittsuのペンギンの先生からスタンプをかりてペンギンカレンダーにしたいと思っています。

ところで、全部買い揃えてから無印良品へ行ったら条件に合うスケジュール帳とカレンダーがあってびっくりしました。

来年の手帳など・・・

そろそろ来年の手帳などを準備する季節になりました。
間違えるといけないので、去年買ったもの=今使っているものを見直して、チェックポイントをおさらいします。

20171028スケジュール帖1_MG_8977

まず、スケジュール帳。
去年は、RYU-RYU ASHIYA のペンギン表紙のA5サイズのものでした。
チェックポイントは、A5またはB6で、マンスリーカレンダーが月曜始まりで6行対応、言い換えると一マスに2日入れないこと。
自由ノート部分が方眼であること、分厚すぎないことでした。
このペンギンのスケジュール帳は、かわい過ぎることをのぞけばほぼ完璧でした。

20171102カレンダー1_MG_9177

卓上カレンダーも偶然 RYU-RYU ASHIYA のものでした。
ポイントはやはりA5かB6で6行のもの。
かつカレンダーは片面だけで裏は無地か記入できるよう余計なものが印刷されていないこと。
このカレンダーも裏は方眼で、僕の好みにぴったり合っていました。

20171104ペンギン4_MG_9289

去年はHAKOMITTSU. のペンギンの先生からスタンプを借りてペンギンカレンダーにしましたが、今年も貸してもらえるでしょうか。

20171113手帳1_MG_9862

去年今年と2年続けてこのブラウニーの手帳を使いましたが、使い勝手がいいので来年もこれにしたいと思っています。問題は売っているかどうか。
一応念のためにチェックポイントを書いておきます。
サイズはA6、分厚くならないようにウイークリー。横書きするが幅が狭いのでバーチカルはだめ。
自由ノート部分は方眼で多すぎないこと。

20171113手帳4_MG_9871

この手帳もバーチカルではあるのですが、90度回すと横書きにも対応していて、これが使いやすいのです。
が、やっぱりカバーはコクヨのシステミックに変えます。

手帳はかつて使っていた歴史手帳や新潮社のスリム手帳、ほぼ日手帳などもういっぺん使ってみたいものや、野帳の手帳版とかブルーバックスの手帳など面白そうなものもたくさんあります。

レンズキャプを変えました。

パーフェクト・ペンシルをよくなくすことは、以前書きました。
それとともによくなくすのが、カメラのレンズキャップです。

20180414キャップ_MG_4342

毎日、カメラは肩から下げて持ち歩いています。同じバッグの時は注意して大丈夫なのですが、買い物で大きな荷物を持ったり旅行に行ったりすると、ほぼ確実にキャップを落としてしまいます。
これまではカメラメーカー(キャノン)純正のキャップだったのですが、ふとしたはずみにバネのところが荷物などに当たって外れるようでした。
それで今回は、サードパーティ(エツミ)のものにしてみました。

20180414キャップ_MG_4345

ゴムひもがついているので、万一落としても大丈夫ですが、バネも純正品よりかたいので今の所落とすこともありません。

パーフェクト・ペンシル、その他の文房具

最近買った文房具、3種です。

20180211文房具_MG_2798

パーフェクト・ペンシル。一体何本目でしょうか。
またなくしました。しかも今度はノートと一緒に・・・。

20180211文房具_MG_2799

ペン差し。
ペンを入れるところがらせん状になっていて伸縮します。

20180211文房具_MG_2802

クリップ付き付箋、いや付箋付きクリップか?
商品名は、「CLIP coco fusen」です。

20180211文房具_MG_2808

3点並べるとこうなります。

20180227パーフェクト_MG_3030

パーフェクト・ペンシルはファーバーカステルの製品なので鉛筆もファーバーカステルで硬さは「B」となっています。
感覚的には日本の鉛筆のHBかHくらいなので柔らか目が好きな僕にはちょっと硬いです。
ためしに愛用のPALOMINO BLACKWINGのPEARL(2B相当)を入れてみるとぴったりでした。

20180227パーフェクト_MG_3032

これまでは、ソフトカバーのノートを使っていたのですが、目的が美術館などでのメモなのでハードカバーの方が書きやすいはずです。
というわけで以前買っていた野帳のスケッチブックに付けてみました。

20180303パーフェク_MG_3172

クリップ付箋をつけた外形はこうなります。

20180303パーフェク_MG_3175

見返しを開けるとこうなります。
どうしてもでこぼこがあると書きにくいので、クリップ式にすると表紙側と裏表紙側をかんたんに付けかえられるので便利です。

 | ホーム |  次のページ»»