利用案内

営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
530-0015
大阪市北区中崎西4−1−7 グリーンシティ 205号
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

プロフィール

water bear

Author:water bear
大阪市北区中崎西(中崎町)にあるギャラリーです。お世話になった現代美術への恩返しとして若い現代アート作家を応援します。ウォーター・ベアは、環境ストレスへの驚異の耐性を持つくまむしさんのことです。
また、まちライブラリーとして図録数百冊を自由に見ることができます。
お申込みは、アドレス:yo_kai_yf6@me.com へお願いします。
URL : http://waterb.jp


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ブログ は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
*他者に著作権のあるものはこの限りではありません。

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


ことう あかり さん のミニ展示 始まりました

きのう1月30日から、イラストレーター ことう あかり さんのミニ展示が始まりました。

20150130ことうあかり2

動物をモチーフにしたようで、かといって実際のどんな動物でもないような、奇妙な絵です。
深みのある落ち着いた水彩の色使いも魅力的です。
絵本の国からふらっと抜け出してきたような、メルヘンチックな作品をぜひお愉しみください。
スポンサーサイト

Osaka Book Festa 企画会議に行ってきました。

ぎゃらりー ウォーター・ベア では、「まちライブラリー@ぎゃらりー ウォーター・ベア」として、美術展の図録400冊ほどを自由に読んでいただくことができます。

「まちライブラリー」は、店や自宅の一角に本を置いて、来た人に自由に読んでもらったりイベントをすることで、本を通じてのコミュニケーション、人と人、人と本の出会いや学び合いの場を作って行こうという活動です。

今年は、森ノ宮キューズモールや立命館大学茨木キャンパスに大型のまちライブラリーができることもあり、大阪のまちライブラリーが協力して4月から5月にかけて“Osaka Book Festa”を開催します。
21日にその説明会と企画会議があったので行ってきました。
まちライブラリーの提唱者で、かつて六本木ヒルズの文化事業を立ち上げた経験を持つ礒井純充さんを中心に企画の説明と話し合いの場を持ちました。

20150121まちライブラリー

書店や公共図書館も巻き込んでのお祭りになるようです。
ぎゃらりー ウォーター・ベア も何かイベントの企画を考えなければなりません。
いいアイデアがありましたらぜひご連絡ください。
e-mail : yo_kai_yf6@me.com

中崎町キャンドルナイト

20150121キャンドルナイトポスター1

第5回中崎町キャンドルナイトのポスターを掲示しました。

今年のキャンドルナイトは、2月14日土曜日です。
中崎町ホールを中心に、その北にある済美公園、およびその周辺の路地が会場になりキャンドルがともされます。
ホールでは、キャンドルの点灯式のほか、コンサートなどが開かれます。

20150121キャンドルナイトポスター2

他にもスタンプラリーや各店舗のサービスなどがあり、愉しいひとときを過ごせることと思います。

バレンタインデーですが、カップルの方もそうでない方も、こぞって足をお運びください。

当日、ぎゃらりー ウォーター・ベア の営業は19時までとなります。

正月に御堂筋を歩きました。<下>

さて、北御堂を過ぎるとすぐに本町通りですが、あまり目立たないのでいつのまにか通り過ぎています。
というのも、こちら中央大通りが目立ちすぎる、からではあります。
21 中央大通り

通りの上を高速道路が走り、その下は船場センタービルとして、
飲食店や卸・小売の店舗が並んでいます。

22 二つに分断された人体ムーア

淀屋橋から心斎橋にかけて、御堂筋彫刻ストリートとして、
道の両側に有名作家の彫刻がならんでいます。
中央大通りの北側が多いのですが、南側にも多少あります。
写真は、ヘンリー・ムーアの「二つに分断された人体」、
東西冷戦の隠喩でしょうか、人種・民族、思想・宗教、性別など、
いろんな形で分断された人類を表現しているように思われます。

23 南御堂

次は、西側に南御堂。
真宗大谷派難波別院。
というわけで、こちらは東本願寺のほうです。
京都で東西の位置関係にある本願寺が、
大阪では、南北に並んでいるというのは、ちょっとおもしろいです。

南御堂の向いには、芭蕉終焉地の碑があります。
24 芭蕉終焉の地
東側の緩車線との間の緑地にあるので、気づきにくいです。
南御堂向かいの花屋仁佐衛門の屋敷で亡くなったということらしいですが、
当時の道の幅を考えると御堂筋のど真ん中あたりでしょうか。

25 旅に病んで句碑
南御堂の境内には、天保年間に立てられたという、句碑が残っています。
「旅に病で ゆめは枯野を かけまはる」
「かけめぐる」とおぼえていましたが、ここでは「かけまはる」になっています。
26 句碑小公園
句碑のまわりは、小庭園のように整備されています。
が、中には入れませんでした。
場所は、南御堂に入って本堂に行くまでの左(南)側、やや奥です。

心斎橋に近づくにしたがって、だんだん人が増えてきました。
このあたりは、アルマーニ、ヴィトン、シャネルといった高級ブランドが並んでいます。
が、ぼくには北新地以上に無縁の世界なので、
無視して通り過ぎます。

27 心斎橋1
28 心斎橋2

「心斎橋」という橋は、横断歩道の中央部分に欄干と街灯として保存されています。
以前は歩道橋だったように記憶しています。
橋の左右の低いガラスのカーブは、橋の下を流れる川をイメージすると同時に雨が降ると実際に水が流れるし、昼間は下の地下街の明かり取りにもなっています。
29 心斎橋3下から
地下のクリスタ長堀から見るとこんな感じです。

30 大丸そごう

さて、御堂筋にもどると、大丸とそごうがかつて並んでいたところへ。
手前(南)にヴォーリスの大丸、後ろに村野藤吾のそごうだったのですが、
そごうのほうは、建て替えられて背の高い白いビルになっています。
かつ、もうそごうではなく、そちらも大丸になりました。

もう少し歩いて道頓堀へ、
31 道頓堀
遊歩道ができてすっかり雰囲気は変わりましたが、「かぜのかみさん」やグリコの看板は健在です。
多分、水質も改善されているはずなので、
もう飛び込んでも大丈夫・・・かどうかは知りません。
そういえば、道頓堀にプールを作る計画もあるようです。

32 新歌舞伎座

この周辺と全く異質な建物は、新歌舞伎座。
これも村野藤吾です。そして、これも取り壊されます。
名建築か、珍建築か意見は別れると思います。
僕もあまり好きではありませんが、
町中にこういう変な建築があったほうがいいと考えます。
建築の世界では、ダイバーシティとか言わないんでしょうか。

33 高島屋南海難波MG_1306

そして最後、難波の高島屋で、御堂筋は終了です。
数年前、阪神が難波まで延長して、近鉄と相互乗り入れしたことで、
神戸方面と奈良や伊勢志摩との間が随分便利になりました。
でもまだ、座席指定特急で直接行き来することはできません。
色々ネックはあるでしょうが、早く実現できることを願っています。

正月に御堂筋を歩きました。<上>

もう一週間ほどたちますが、この正月の1月2日に御堂筋を北から南へ歩きました。
特に珍しい景色ではありません、というより見慣れた景色ですが、
周辺の会社などがみな休みで、人通りの少ない通りは、
ある種、「猫町」のような、奇妙な異化作用を与えてくれます。
とは言うものの、最近は元旦から営業している商店も増えて、
正月らしさが、だんだんなくなりつつあるようです。

で、今日は本町まで。

1大阪駅

大阪駅、御堂筋はこの少し南の阪神前交差点からだそうですが、大阪の顔なのでここからはじめます。
大阪の顔といっても、駅舎はどれなんだろう?
大丸ができる前は、駅舎らしい駅舎があったような気がしますが、、、
今、一番シンボリックなのは、この大屋根でしょうか。
工事中は、てっきり人口スキー場になると思っていましたが、
できてみると、すべり台にもならないなんて、、残念です。

この下の阪急梅田駅とJR大阪駅を結ぶ横断歩道は、
大阪最大級の歩行者数ですが、この日は少し少なかったようです。

2 阪急と換気塔

さて、御堂筋に入って振り返ると、阪急百貨店。
手前は村野藤吾デザインの換気塔です。
阪急は数年前に建て替えました。
こちらから見る外壁は、以前より少し赤っぽくなったような気がしますが、落ち着いた雰囲気です。
今回写真はないですが、左側の壁面をJRの方から見ると、
以前の建物が、増築するたびに異なった壁面を作って、パッチワークのようになっていたのを、
デザインに取り込んでいるので、変化があって面白いです。

4 清和梅田計画

清和梅田ビル(?)。
梅田第一ビルと旭屋書店本店のビルを立て替えたビルがほぼ完成しています。
かつて旭屋と紀伊国屋がすみ分けていた梅田地区の大型書店は、今は紀伊国屋とジュンク堂のすみ分けになっています。
旭屋がどんな新しい店を出すのか、改装中の伊勢丹に入るTSUTAYAと共に楽しみです。

3 新阪急ビル

向い側の新阪急ビルも、おしゃれな囲いの中で取り壊しが始まります。
ここにもブックファーストの大型店がありましたが、新しいビルに入るんでしょうか。

5 梅新交差点

次は歩行者泣かせの梅新交差点です。
右の緑のバスがとまっているほうが、国道2号線、左奥の歩道橋のあるほうが国道1号線。
つまりここが、国道1号線の西の起点であり、2号線の東の起点になります。

6 北新地

交差点を渡った西側一帯が北新地です。
高級な飲み屋街として知られていましたが、長引く不況のせいで随分変わったという話を聞きます。
僕には縁のない世界なので、知りません。

続いて、大江橋を渡ると中之島です。

7 日銀大阪支店
8 大阪市役所

右側つまり西側にあるのが日銀の大阪支店、向い側が大阪市役所です。
どちらも元の建物の一部を残して立て直したものです。

9 淀屋橋

次に渡るのが淀屋橋で、これで中之島を出ます。
先程の、市役所の奥(東)は、中之島図書館、中之島公会堂、東洋陶磁美術館と文化施設が続き文化ゾーンになっています。

10 御堂筋

淀屋橋を渡ったところの横断歩道から、南を写したものです。
この辺りから、大阪の中心のビジネス街が続きます。
長い間高さ制限があって、スカイラインがかなり揃っていますが、
近年の規制緩和で、一定の条件下で超高層ビルもたてられるようになってきています。
何年か後には、全く違う景観になっているかも知れません。

11 壊徳堂碑

懐徳堂のあったところです。
今は御堂筋沿いのビルの側面に碑があるだけです。
中井竹山などが教え、富永仲基や山片蟠桃などが出ています。

12 適塾

そしてすぐ近くには、適塾もあります。
御堂筋からは東へ少し入りますが、懐徳堂からゆっくり歩いて3分ぐらいでした。
こちらは、建物が残っているばかりではなく、
隣に小公園があり、
13 緒方洪庵
緒方洪庵先生がにらみをきかせています。
もちろん、福沢諭吉など幕末維新期の多くの人材を輩出したことは、周知のとおりです。

14 北御堂

最後は北御堂。
浄土真宗本願寺派本願寺津村別院、ようするに西本願寺の方の寺です。
ここを過ぎると本町はすぐです。
上を高速道路が走っている広い道の少し手前(北)に本町通りがあります。

明けましておめでとうございます。



新年、明けましておめでとうございます。
今年も、ぎゃらりーウォーター・ベアをよろしくお願いいたします。
オープン2年目、今年は正念場だと思っています。
いろいろアイデアをぶぶつけていきますので、受けとめていただきますよう、お願いいたします。

さて、元旦の三色彩道です。


今日は昼過ぎまでは、よく晴れたいい天気でした。
でも、冷たい風が強くて、寒い一日でした。



三色彩道もすっかり冬景色ですが、これから春に向かって新しい芽を育てていきます。



その後、こちら大阪北部の千里でも雪が降りだし、少し積もりました。
夜になると、雪は上がりましたが、ベランダから見る景色は、スキー場のようです。

今年の展覧会から。

先ほどツイッターで、今年印象に残った展覧会を10件ほどあげました。
ここでは、そのそれぞれにコメントをつけてみます。

1.まりのるうにい 月街星物園 LIBRAIRIE6
学生時代にみた、多留保集(稲垣足穂作品集)の装画で強く印象に残っていた作家です。
小さなギャラリーでの展示ですが、不思議な幻想世界を楽しみました。

14200271520.png

2.さわひらき オペラシティ
今や映像表現の先端を静かに走る人。
個人的には、もう少し小さな箱の方が似合うような気がします。

3.明るい部屋 高谷史郎 都写美
京都グラフィーや児玉画廊の展示も含めて今年はよく見かけました。
映像表現の可能性の一つを示してくれます。

4.石子順造と幻触 静岡県美
60年代からの前衛の広がりを思います。各地で様々な試みがなされていた。
それらの検証作業の成果の一つです。

5.野口哲哉の武者分類図鑑 大山崎山荘
武者分類はむしゃぶるいと読ませます。
あり得たかもしれないもう一つの歴史ではなく、
絶対になかったもう一つの歴史を作る楽しさを思います。

6.幻想の彼方へ 矢口博信展 茅野市美
早い時期にシュールレアリズム的作品を描いた人。
各地で埋もれがちな作家の掘り起しが行われるなら、
雨後の筍的地方美術館の存在も決して無駄ではないだろう。

7.種村季弘の眼 迷宮の美術家たち 板橋区美
澁澤龍彦に較べると地味だけど、生田耕作よりはポピュラーな人。
本では味わえない覗き物の展示が秀逸でした。

8.内藤礼 信の感情 都庭園美
新装オープン記念展。
さりげなさのあまり、作品と気づかず通り過ぎ、ふと気づいて立ち止まる。
芸術の気配の芸術。

9.赤瀬川原平の芸術原論 千葉市美
町田の文学と美術の多面体展と共にさっかの死にかぶさった。
はみ出しているようで、芸術の本質をついた生き方をした人でした。

10.四谷シモン 西宮大谷記念美
ごく限られた耽美的な人のものだと思っていたが、
多くのカルチャーおばさまがいて驚いた。

追加 かたちとシュミレーション 北代省三の写真と実験 岡本太郎美術館
眼底検査用のカメラで撮った写真などあくなき実験精神はまさにアートそのものでしょう。

 | ホーム |