利用案内

営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所・電話番号
530-0015
大阪市北区中崎西4−1−7 グリーンシティ 205号
tel/fax : 06-6147-5774
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

プロフィール

water bear

Author:water bear
大阪市北区中崎西(中崎町)にあるギャラリーです。お世話になった現代美術への恩返しとして若い現代アート作家を応援します。ウォーター・ベアは、環境ストレスへの驚異の耐性を持つくまむしさんのことです。
また、まちライブラリーとして図録数百冊を自由に見ることができます。
お申込みは、アドレス:yo_kai_yf6@me.com へお願いします。
URL : http://waterb.jp


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ブログ は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
*他者に著作権のあるものはこの限りではありません。

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


六甲ミーツアート

先日六甲観光の方が来られて、六甲ミーツアートの案内を置いていかれました。
今年は9月12日から11月23日まで。
早期割引券の発売は7月16日までです。

20150529六甲ミーツアート

第1回の時、駐車場の天井に本物の車を貼付けた國府理の作品は強烈に印象に残っています。
おととしも大作を出品していましたが、残念ながら昨年事故でなくなりました。
少なくともこのフェアを見る限り、彼は全力投球だったと思います。
なぜこのようなことを言うかというと、近年の芸術祭ブームで中堅クラスが疲弊しているのではないかと思うからです。
残念ながらいささか手抜きではないかと思う作品、二番煎じ三番煎じの作品を見せられることがあるからです。
そういう作家はそういう位置しか与えられなくなります。
おそらく数年後、行政がアートの町おこしからいっせいに手を引くことになったとき、自分がどうやっていくか、いけるかということも視野に入れて行動してほしいと思います。(行政の横並び体質、じゃなかった先進自治体に学ぶ体質はハンパじゃないですから。)

それはともかく、今年も楽しみにしています。モチロン、モチロン、オフコース。
オフコースヒルもよくおぼえています!
スポンサーサイト

一週間後の唐辛子焼酎

5月29日

一週間たつとかなり色もつき飲みごろに、
じゃなくて撒きごろになってきました。

20150529唐辛子焼酎

ひとさじすくって飲んでみると、しっかり辛みがでていてこれはききそうです。
早速、100倍液を作り、ミニ菜園へ行きました。

20150529チンゲン菜

一週間前は、コバエがたくさんいて不安だったチンゲン菜ですが、
目立った虫食いはありませんでした。

20150529トマト1

トマトのほうは、青い実がつき始めていました。
こちらは、あいちゃんです。

20150529トマト2

むうちゃんの方も実がついています。

しゃしんでは、虫食いの葉が写っていますが、これは一週間前のものです。
500cc作った唐辛子焼酎希釈液は半分まきました。

5月30日

20150530にら

30日はベランダでタネから育てていたニラとネギを植えてみました。
まずチンゲン菜の方にはニラを植えました。

20150530ねぎ

オクラの方にはネギを植えました。
どちらもコンパニオンプランツとして、病気や虫よけのほか育ってくれるのも楽しみです。

20150530ねぎとにら

こんな感じでまだどちらがニラでどちらがネギなのかよくわかりません。

20150530マリーゴールド

マリーゴールドも育ってきて花が咲いたものもあります。

20150530全体

ミニ菜園、トマトの畝がやたらと混み合っています。
コンパニオンプランツ植えすぎたでしょうか。
たしかにそれぞれトマトとは合うのですが、ネギと枝豆は相性が悪いそうです。
30日も唐辛子焼酎の残りを散布しました。

5月31日

今日は写真はありません。
あまりに茂りすぎて風通しや日当りが悪くなっていたトマトの枝と虫食いの葉っぱをカットしました。
チンゲン菜も苗の混み合っているところを間引きしました。
見た感じでは特に虫がついているようには見えませんので、唐辛子焼酎は1週間に1回くらいにします。

明日は追肥しようと予定しています。

西郷隆盛と小松帯刀

鹿児島市の中心部で、

20150527西郷小松1

小松帯刀(右手前後ろ向き)と西郷隆盛(左下奥)が向かい合って立っていました。

でもよく見ると、

20150527西郷小松2

まっすぐ前を見る西郷に対し、

20150527西郷小松3

小松は横を向いていました。

これってちょっといいような気がします。

でも実際、西郷と小松の関係はどうだったんでしょうか。

冷徹な現実主義者大久保、
情に厚い一本気な西郷、
やや線の細いリベラリスト小松、
といったイメージが一般的な気がしますが、
往々にしてこういうイメージは、小説やドラマで作られることが多いようです。

一次資料をしっかり読み込んで、
過去の通説にとらわれず(先生のお気に入りにならず)、
かつ類型的ではなく、
広い人間性への洞察に基づいた研究を俟ちたいと思います。

Sin

外礒秀昭"Sin"
特に珍しい形ではありません。



芯を抜いたリンゴ、
あるいは、ドーナツを太らせて球状にしたもの・・・
要するにトーラス。
立体幾何学のテキストに出てきそうですし、
宇宙模型でもあったような…

でも、そう見えるのは、われわれの想像力のなせるわざで、
この形を作っている金属板の縦横を視野に入れると、
全く別の構造が見えてきます。

20150519Sin3.jpg

芯の部分に焦点をあわせるとこんな感じになります。

20150519Sin2.jpg


20150519Sin4.jpg

逆に、外側にピントをあわせるとこうなります。

唐辛子と焼酎、翌日の状況

あまりの虫食いにたまりかね、
昨日の朝、唐辛子を漬けた焼酎をうすめてまきました。

一夜明けてどうなったでしょうか。

その前に、他のサイトでの情報などを見ると、
漬ける期間も10日から2週間などと書いてあったり、
唐辛子の量ももっと多くとかいろいろ違いがあり、試行錯誤の過程のようです。

さて、きょうはまず水をまき、
一時間後に見に行きました。
畝が三つあり、
ひとつがトマトをメインに、コンパニオンプランツとしてバジルや枝豆をうえているものです。
二番目はさつまいもとまだ芽の出ていないミョウガ、
三つめがミョウガとオクラの畝です。ここにはチンゲン菜の種をまきました。

一つ目の畝では、ハエそのものは目につきませんでした。
ひどい状態だった枝豆の新しい葉は虫がくっていないようでした。
三番目のオクラの畝では、芽が出始めたチンゲン菜の回りに大量のハエがいました。

毎日焼酎を与えてアル中になったら・・・という懸念はあったのですが、
100倍希釈液をチンゲン菜の畝に半分、残りを他の畝に散布しました。
しばらく様子をみます。

唐辛子と焼酎でコバエ対策

ここ数日、ミニ菜園が大変な状態に、、、

20150522枝豆

トマトのコンパニオンプランツとして植えた枝豆とバジルの葉にずいぶん大きな穴があいてきました。
上は枝豆です。

20150522バジル

こちらはバジル。
なぜか、トマトは大丈夫なのですが、他の葉を食べつくしたら狙われるかもしれません。

20150522サツマイモ

そればかりか、ほかの畝のサツマイモにも影響が出てきました。(上の写真はサツマイモ)
さらに遠いオクラの葉もやられています。

何らかの対策が必要です。
よく見ると土の上に小さなハエのような虫が、何匹もいます。
これが原因かと思い、ググってみると焼酎に唐辛子をつけたものが効果があるようです。

20150521鷹の爪焼酎

早速、鉄の爪じゃなくて鷹の爪を買ってきて焼酎につけました。

20150522鷹の爪焼酎

一晩つけると色も少しつき、いい感じになってきました。
ひと匙すくって飲んでみると、焼酎のにおいのほかに辛みも感じられます。
そのままもう少し飲もうかとも思いましたが、そこはじっと我慢して100倍に希釈。
スプレーのビンには木酢液のうすめたものが入っていましたが、
効果が倍増するかと、かまわず追加しました。

朝、散布したのですがどのような効果があるでしょうか?
明日また報告します。

カボチャのタネが<追加>

20150519カボチャ
<5/19>


20150520カボチャ
<5/20>


20150521カボチャ
<5/21>追加


20150522カボチャ
<5/22>追加

20150523カボチャ
<5/23追加>

20150529ひょうたん
<5/29追加>

なんだか、怪獣が地底から出てくるところのようですが、、、
5月12日にタネをまいたカボチャです。
料理する前にとってあったタネを、ものは試しと土にうめたのでした。
あと、こちらがだめだった場合のため、(売っているタネは乾燥しているため)乾かしているタネも数個あります。

RAW現像でローキーへ

20150519アートコートオリジナル

外礒秀昭”NAMINOKATATI”という作品です。
アートコートギャラリーの「彫刻の小径」にありました。
おととい5月19日に写しましたが、晴れていて特に暗いわけではありませんでした。

撮った時には気づきませんでしたが、画面で見てみるとずいぶん背景が暗くなっています。
彫刻はかなり明るいので、対比をいかしてローキー調に仕立てられるのではないかと思いました。
で、RAW現像で少しいじってみました。

20150519アートコート

全体をさらに暗くして、色温度を少し下げました。
印象はずいぶん変わりました。
照明を落とした展示室のなかで、スポットライトを当てられているオブジェ、といった感じでしょうか。
RAWで撮っているので、これだけ変えてもまた元にもどすことができます。
便利な時代になったというか、こんなに簡単に加工できるのは、デジタルならではです。

真ん中あたりの上から3段めの奥の方に白い部分が残っています。
上の写真では、木の葉の間から空が見えているところです。
RAW現像ではどうしようもないですが、レタッチで処理することは可能です。

ますます、面白い時代になったものだと思います。

今日のミニ菜園

梅雨の合間…ってまだ梅雨入りしていませんが、夕方までは降らないという予報だったので、ミニ菜園を見に行きました。

20150518さつまいも1

5月5日に植えて5月13日にしおれていたので捨てようとしたら、根が出ていたので埋め戻したさつまいものつる。
なんと...

20150518さつまいも2

新しい葉っぱが出ていました。
すごい生命力です。

20150518マリーゴールド

残っていたマリーゴールドも大きくなり、早くもつぼみをつけたものもあるので、すべて植え替えました。

20150518おくらマリーゴールド

こちらは、オクラとマリーゴールド。
オクラの葉は、ちょっと虫食いが始まっています。
何か対策を考えなければなりません。

20150518トマトアイちゃん

トマトの方は、
まず、あいちゃん、

20150518トマトふうちゃん

次にふうちゃん、

20150518トマトむうちゃん

そして、むうちゃんと、
みんな元気に育っています。

コンパニオンプランツの枝豆とバジルに少し虫食いがあるのが心配ですが、もうしばらく様子を見たいと思います。

大阪ブックフェスタ、最終日です。

4月18日から一か月にわたって開催された「大阪ブックフェスタ +2015」もいよいよ最終日を迎えました。

20150409ブックフェスタ1

今日は、まちライブラリー@OIC(立命館大学大阪いばらきキャンバス)で、クロージングイベントが開かれたはずです。

20150418BFws用ことう絵

まちライブラリー@ぎゃらりー ウォーター・ベア でも ことうあかりさんの4枚の絵をみて、想像力をはばたかせるワークショップを開催しました。

ブックフェスタは終わりましたが、まちライブラリーはずっと続いていますので、サードプレイスとして、居場所として、そしてアートする場としてご利用ください。
持ち込み企画による、イベントも可能です。どんどんアートを盛り上げましょう!

 | ホーム |  次のページ»»