利用案内

営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
530-0015
大阪市北区中崎西4−1−7 グリーンシティ 205号
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

プロフィール

water bear

Author:water bear
大阪市北区中崎西(中崎町)にあるギャラリーです。お世話になった現代美術への恩返しとして若い現代アート作家を応援します。ウォーター・ベアは、環境ストレスへの驚異の耐性を持つくまむしさんのことです。
また、まちライブラリーとして図録数百冊を自由に見ることができます。
お申込みは、アドレス:yo_kai_yf6@me.com へお願いします。
URL : http://waterb.jp


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ブログ は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
*他者に著作権のあるものはこの限りではありません。

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


欲望展、もうすぐです。



イラストレーターのグループ「1+5=6 いちごろく」さんの展示、“欲望展”を開催します。

期間  2016年2月3日(水)〜2月7日(日)
時間 2月3日(水) 14:00〜19:00
   2月4日(木)〜2月6日(土) 12:00〜19:00
   2月7日(日) 12:00〜17:00

20160113yoku2.png

どんな展示になるのか楽しみです。
詳しいことは、1+5=6さんのブログ
ツイッターをご覧ください。
スポンサーサイト

He-art(ハート)にイベントデータ、アップしました。

アートのフリーペーパー”He-art”のホームページに ぎゃらりー ウォーター・ベア のページがあります。
「欲望展」
「Valentine eve展」
「中崎町キャンドルナイト写真・スケッチ公募展」
の情報を掲載しました。
内容はこちらをご覧ください。

高谷史郎 ST/LL

1月23日(土)に、びわ湖ホールであった高谷史郎「ST/LL」を見てきました。

20160123びわ湖

舞台奥に縦長のスクリーン、手前に伸びる細長いテーブルとその上の食器類、音楽とともにパフォーマーが現れると、舞台には、浅く水が満ちていることがわかる。 
以後のパフォーマンスは水の上で行われる。
やがて、イスに座り食事を始める・・・
と、ここまで見ると、これから物語が始まるようですが、たちまち食器は片付けられて行き、テーブルは意味を失ってオブジェと化します。

20160123st:ll

以下、ミニマルな空間で、音楽とともに感情や意思を離れたモノとしての身体がパフォーマンスします。
光と影、時間とズレ・・・視覚的興味を維持させつつ、ミニマルなパフォーミングアーツを構成していく力技は大変なものだと思います。
印象的だったのは、所々で重要な役をはたした吊るされたカメラが、終盤カメラの機能を放棄してヒトとダンスするシーンです。ヒト化した機械と機械化したヒトが、小さな時空を共有した現場を目撃することができました。


高谷史郎に関心を持ったのは、3年前第1回京都グラフィーでした。
中谷宇吉郎が堀削した 南極の氷床コアの写真と赤いレーザー光を使ったインスタレーションだったと記憶しています。
ずいぶんと古い西行庵とかいう建物と相まって強い印象を残しました。

その翌年2014年は、まず東京都写真美術館での「明るい部屋」展では、Toposcanに引きつけられました。
これは、横長の映像を端からスキャンしていき、スキャンした地点の明暗や色を横長のバーコードのように伸ばして行くというものでした。
つまりスキャン済みの個所はバーコード状になり、これからスキャンする所は実写映像が残っていることになります。
この時は、坂本龍一も含めた鼎談トークショーで浅田彰が「東京のようなど田舎」を連発して司会を困らせていました。正月3日だったので一杯機嫌だったのかと思っていましたが、今回も舞台の後のトークショーで言ってたので、いつでも言っているのかも知れません。

2回目の京都グラフィーでは、京都文化博物館で、NASAが持っている火星の写真を使ったToposcanのような、ビデオインスタレーション、但し高さ6メートルの迫力あるスクリーンでした。

秋には、白金の児玉画廊で「Topograph」展。
この時は、正面鏡(右手を上げると像も右手〜向かって左の手〜を上げる)が印象に残っています。

そして今回の「ST/LL」です。
正面の縦長スクリーンに写った映像が、一瞬Toposcan風になりかけた時がありましたが、結局バーコードにはなりませんでした。

プロレス風に言えば、必殺技をぐっと我慢して、他の技を次々繰り出して行くテクニシャンといったところでしょうか。
次の展開が楽しみです。

高井理紗ポストカード入りました。

先日、個展が盛況のうちに終わった高井理紗さんのポストカードが入りました。

20160122ハガキ

個展のとき、ほとんど売り切れてしまったものです。
1枚100円で販売しています。

20160122DM.jpg

高井さんは、3月に神戸は六甲のCAVALLOというスペースで個展を開きます。
その案内ハガキも置いていますので、お持ち帰りください。

美術手帖2月号入っています。

20160122美帖

ブログアップ遅れましたが、美帖の2月号入っています。
特集は「浦沢直樹」。
先月号の村上隆に続いてマンガです...といったら怒られるでしょうか。
でも、彼もアニメやりたくて日本画へいったそうなので、あながち無茶なことではないと思います。

さて、世田谷文学館では、3月31日まで浦沢直樹展開催中です。
美術でもあり、文学でもあり、というのが今のマンガの立ち位置のようです。

川西まちなか美術館のパンフが届きました。

川西まちなか美術館のパンフレットとDMが届きました。

20160120川西アート

まず、2月21日(日)に、アステ川西で、アートマーケットが開催されます。(大きい方のパンフ)
同日から3月6日(日)まで、川西能勢口駅周辺の19カ所で「きんたくんギャラリー」と称して作品展示が行われます。(小さい方、ハガキサイズのDM)

どんな作品が展示されるかはわかりませんが、近くの方は行かれてはいかがでしょうか。

高井理紗 イラスト展 "rishjuly gallery" 終了しました。

高井理紗さんのイラスト展 「rishjuly gallery」 本日好評のうちに終了しました。
ありがとうございました。

本日最終日です

高井理紗さんのイラスト展 「rishjuly gallery」 本日最終日になります。
17時30分までになりますので、お見逃しなくご来廊ください。

「rishjuly gallery」高井理紗イラスト展 好評開催中

高井理紗さんのイラスト展 「rishjuly gallery」 元気に開催しています。



今日は、一時ギャラリー内がごった返すほどの、来廊者がありました。

20160115rishjuly2.jpg

会場はシンプルに構成していますが、気に入った作品をじっと見入っておられる方が目立ちました。
各作品に付けているキャプションに金額が書いてある作品は販売しています。
昨日は一点、売れました。

価格のないのは非売品ですので、ご了承ください。

20160115rishjuly3.jpg

折本仕立ての絵本もあります。
手にとってゆっくりご覧ください。

20160115rishjuly4.jpg

絵はがき、シール、イヤホンジャックのアクセサリーもあります。
お気に入りの一点をお探しください。

高井理紗 イラスト展 "rishjuly gallery" 開催します。(12/24記)



高井理紗さんのイラスト展 「rishjuly gallery」 を開催します。

期間  2016年1月15日(金)〜1月17日(日)
時間 12:00〜19:00 (初日と最終日は変わります)

街角の見慣れた風景、あるいは動物、あるいは植物、

20151224高井1

いろんなものを、時に水彩絵具で、時にカラーインクで、

20151224高井3

ユーモラスに、幻想的に、

20151224高井2

ほっこりあたたかいタッチで作品にします。

15日(金)は、展示準備ができしだいオープンします。
17日(日)は、搬出作業のため17時30分頃までとします。


 | ホーム |  次のページ»»