FC2ブログ

お知らせ


利用案内

貸ギャラリーの申込みは終了しました。
アーカイブとしてご覧ください。
営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


六甲ミーツアート 2016

11月14日(月)六甲ミーツアートに行ってきました。
例年は歩いて登るのですが、今回はあいにくの雨模様のため、思い切って往復ケーブルカーにしました。
気に入った作品のみアップします。

20161114六甲1_MG_8282

ケーブルで登ったところが上の駅、非常にわかりやすい駅名です。
そこで迎えてくれたのが、谷本研「日本観光記念門」。
かつて観光地に行くと必ず売っていたペナント(ぼくもこどもの頃集めていました)を回りに貼っています。
どこか東松照明的「ヨネ」っぽさを感じる作品です。

20161114六甲2_MG_8312

ケーブル上の駅から少しくらいは歩かねばと、歩いて凌雲台へ。
六甲枝垂れでは、八木良太「Clock Tower」。
写真ではわかりませんが、電話の時報が絶えず流れていて ただいまから*時*分*秒をお知らせします ピっピッピッピッ、ぴー で電球が光ったりします。

20161114六甲3_MG_8323

雨のためかリフトは休みでした、ロープウェイの方へ行く途中にあったのが、これ。
吉田一郎「海に流れついたもの山へ登る」
タイトルどおりの作品です。わかりやすい。

20161114六甲4_MG_8329

作品そのものもさることながら、こんなスタンプの雨よけのほか、記念撮影用のベンチなどもあり、その気配りも気に入りました。

20161114六甲5_MG_8370

カンツリーハウスでは、まず目に入ったのがこの作品です。
岡本光博「w#190 UFO - unidentified falling object(未確認墜落物体)」
これもわかりやすい、あほくさいほどわかりやすい作品です。

20161114六甲6_MG_8387

同じ作者でもう一点、「w#191 UFO-unidentified feed object(未確認供給物体)」

カンツリーハウスでは、早くも人工スキー場の準備に雪をつくりはじめていました。
そのスキー場のロッカールームでは、今回の目玉・さわひらき「Locker room」が上映されていましたが、撮影禁止だったので写真はありません。「Locker room」は一つの映像作品のタイトルではなく、スペース内の各所でいくつかの作品を上映するという出品作の総合タイトルです。

20161114六甲7_MG_8457

高山植物園では、西條茜「root of cloud #1」。
コンセプトや造型性より、ちょうど紅葉が進む周囲の環境に色彩的にマッチしていました。

20161114六甲8_MG_8533

オルゴールミュージアムでは、というか駐車場をはさんで向こうの柵を越えたところにある池では、
古屋崇久「爆発」。
池を小宇宙として島を作者、鑑賞者は池の畔=宇宙の果てからロープに吊るしたカードで作者に意思を伝える・・・ってようするに自分が宇宙の中心、神にでもなったかのような能天気ぶりが大いに気に入りました。

20161114六甲9_MG_8539

この池から森の小径、というより山道を歩くと10分ほどで、ヴォーリズの山荘に出ます。
後は舗装された道でケーブル上駅まで行けます。

20161114六甲10_MG_8573

帰りのケーブルでは、三沢厚彦のくまさんが見送ってくれました。

今日の写真

20161114六甲_MG_8546

Rokkou 2016.11.14

今年は早いか、三色彩道

一年前の定点観測を見直すと、11月末ごろが見ごろだったようです。

20161113三色彩道1_MG_8269

今年はここにきて冷えた日が続くので、紅葉も早いようです。

20161113三色彩道2_MG_8275

見ごろはもう少し先かと思いますが、今日はいい天気だったので、見に来ている人が結構いました。

20161113三色彩道3_MG_8260

基本の定点観測場所からは、かなり紅葉しているように見えますが、千里アビイロード撮影場所からは、まだ緑の葉が目立つようです。

20161113三色彩道4_MG_8262

額縁に注目!ことうあかり展最終日

見た人に大きなインパクトを与えた「ことうあかりの不思議な世界」展も最終日になりました。



今日は作品を入れる額縁について。

20161106kotou_MG_8062.jpg

今展示の額縁はほとんどすべてことうさんが手を入れたものです。

20161106kotou_MG_8083.jpg

市販の額にアクリル絵具などを使って加工しています。

20161106kotou_MG_8055.jpg

ことうあかりの不思議な世界を囲う額縁の世界。

20161106kotou_MG_8048.jpg

額縁に注目して作品を見直してみられたらいかがでしょうか。

「ことうあかりの不思議な世界」11月6日(日)17時までです。

11月の三色彩道

少し前まで暑い日が続いていましたが、11月になって、ずいぶん寒くなってきました。

20161106三色彩道1_MG_7909

しばらく見ないうちに、三色彩道も色づいてきました。

20161106三色彩道2_MG_7917

そろそろ例年どおり、週単位の定点観測に変えていきます。

20161106三色彩道3_MG_7901

千里アビイロードの写真も付けておきます。

20161106三色彩道4_MG_7896

ことうあかりの不思議な世界展 あと2日です

ことうあかり展も余すところあと2日になりました。



たいてい、目らしきものと手足らしきものがついていますが、
かといって生物とも言い切れず、どこか鉱物質のものを連想させる不思議な世界です。

20161103kotou_MG_7798.jpg

かつて、高橋睦郎が稲垣足穂の作品の特質について「鉱物性の叙情」といいましたが、
なにか共通するものを感じるのは私だけでしょうか。

20161103kotou_MG_7802.jpg

タルホといえば まりのるうにい さんの絵をおもいだします。
作風はまったく違いますが、なにか通底する感性があるように思います。

ことうあかりの不思議な世界展 中日です

ことうあかり展、早くも中日になりました。

20161103kotou_MG_7774.jpg

今日は静かな日になりました。

20161103kotou_MG_7780.jpg

壁に掛けた作品以外にも、こんな平たく展示したものもあります。

20161103kotou_MG_7787.jpg

会場のあちこちに、小さなオブジェも設置されています。

ことうあかり展は、11月6日(日)までです。
ぜひ、不思議の世界を探検にいらしてください。

今日からです!ことうあかり展

待望のことうあかり展
「ことうあかりの不思議な世界」
今日から始まります。

20161102kotou2_MG_2883.jpg

11月2日(水)14時(予定)オープンします。
11月6日(日)までになりますので、お見逃しのないよう、ご来廊ください。

(写真はイメージです)

もうすぐです!ことうあかり展

お待ちかねの ことうあかり展
「ことうあかりの不思議な世界」
いよいよ11月2日(水)から始まります。



日程は次の通りです。
2016年11月2日(水)〜11月6日(日)
2日 14:00〜19:00
3-5日 12:00〜19:00
6日 12:00〜17:00

なんだか どこかで見たような メルヘンチックな絵のようですが
ちょっと立ち止まって見てください
こんな絵を描く人 どこにもいない

世界で一つの不思議の国をお楽しみください

hakomittsu.一周年イベント

ウォーター・ベアと同じグリーンシティ202にある 創作雑貨店hakomittsu.さんが一周年を迎えます。



これを記念してウォーター・ベアで、ハンドメイド発表会を開催します。

20161029hako3.jpg

会期は次の通りです
11月23日(水)〜11月27日(日)
13:00〜18:00
最終日(17:00迄)

20161029hako2.jpg

以下、hakomittsu.さんからのメッセージです。

グリーンシティ202のお店hakomittsu.は 全国のハンドメイド作家様の作品を委託販売しているお店です。
常時100名以上の作家様の作品が並びます。
おかげ様で今月1周年を迎えました。
普段、お店ではできないことを体験して頂ける特別展を開催致します。
*  *  *  *
フェイクスイーツのワークショップや、
その場でオーダーをしてイラストを描いて貰えたり、
お好きなパーツやレトロボダンを選んで組み合わせて貴方だけのアクセサリーを作ってもらえたり、
普段は完成品しか見れない、ハンドメイドを体験、実感できるとっておきの5日間。
制作工程の写真展も開催しておりますので、ぜひお越しください。
詳しいイベント日程や、ワークショップのご予約は以下のホームページにて。

ハコミッツホームページ

また、同じ期間中崎町バルも開催します。
バルについては、 こちらをご覧ください。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»