利用案内

営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
530-0015
大阪市北区中崎西4−1−7 グリーンシティ 205号
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

プロフィール

water bear

Author:water bear
大阪市北区中崎西(中崎町)にあるギャラリーです。お世話になった現代美術への恩返しとして若い現代アート作家を応援します。ウォーター・ベアは、環境ストレスへの驚異の耐性を持つくまむしさんのことです。
また、まちライブラリーとして図録数百冊を自由に見ることができます。
お申込みは、アドレス:yo_kai_yf6@me.com へお願いします。
URL : http://waterb.jp


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ブログ は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
*他者に著作権のあるものはこの限りではありません。

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


ここには何ができるんだろう・・・

これは、きのうの写真です。
ここもウォーター・ベアのすぐ近くです。

20170527中崎_MG_3388

ずいぶん奥行きのある土地ですが、しばらく前からこの状態です。
写真には写っていませんが、右側手前にある道路沿いの建物を現在取壊し始めているようなので、
合わせて何か大きなものを建てるのでしょうか。
スポンサーサイト

中崎の太陽光線

今日も初夏を思わす強い日差しの1日でした。

20170528中崎1_MG_3402

ウォーター・ベアの窓の外に、二つの建物に挟まれた20cmほどのスキマがあります。
珍しくそのスキマを通った太陽光線が窓まで届きました。
年に数回の機会なのであわててカメラをとりだしました。
上の写真はなんだか万華鏡のように見えます。

20170528中崎2_MG_3412

こちらは、光の線がビール缶の連なりのような気がしますが、気のせいでしょうか。

20170528中崎3_MG_3415

最後は比較的オーソドックスに撮れました。
3枚とも同じところから同じカメラとレンズで、同じ方向を向いて撮ったものです。
ズームレンズは使っていません。

中崎町の電線

今日の大阪は、快晴で汗ばむような陽気でした。

20170522中崎電線_MG_3292

こんな日は、つい上を向いて歩きたくなります。
涙がこぼれないように…
じゃなくて中崎町名物のアナーキーに張り巡らせた電線を鑑賞するためです。

都市景観のため電線の地中化を主張する首長や都市政策の学者・評論家は多くいます。
彼らはきっと電線を愛でるという美意識を持たないのでしょう。
でも同じ人がダイバーシティなんて言うこともあるから不思議です。
きっと流行に乗っかりたいだけなんでしょうね。
(イヤミ言うたった・・・)

中崎町グラフィティ

美帖6月号の特集がグラフィティだから、というわけではありませんが、中崎町のグラフィティを何件かアップします。

20170520中崎グラフィティ_MG_3229

よく見るパターンで、伝統の型とでもいうのでしょうか、、、
もう少し芸があってもよさそうです。

20170520中崎グラフィティ_MG_3231

こちらは、チョット自販機に隠れているようなところと文字らしきものがあるのが面白いです。

20170520中崎グラフィティ_MG_3241

古い建物と古い落書き、
なんだか絵になるような…
なさけないような…

20170520中崎グラフィティ_MG_3243

こちらも古い建物の、年季の入ったシャッターのサビと一体化しつつある時代物のグラフィティです。

20170521中崎グラフィティ_MG_3263

20170521中崎グラフィティ_MG_3264

この2点は、アトリエ3月の原さんたちが毎年5月5日に子供たちと一緒に描いているものです。
きちんと手続きをふんで作っているものはさすがに見応えがあります。

<この項は、迷惑になる落書きを推奨するために書いているものではありません。>

美帖6月号入りました。

美術手帖の6月号が入りました。

20170519美帖6月号_MG_3224

特集は「SIGNALS!」。
サブタイトルとして”共振するグラフィティの想像力”とあります。

グラフィティ的なものを抽象化した概念として「SIGNALS!」という言葉を提示しているようだけど、
この前の「アウトサイダーアート」同様、一般化すればするほどもとの概念からずれていって、なにを言っているのかわからなくなりそうです。

1Fのかき氷屋さん、明日オープン!

ウォーター・ベアのあるグリーンシティ!階で開店準備をしていたかき氷屋さんが、いよいよ明日オープンします。

20170519JAM1_MG_3220.jpg

すっかり準備はできているようです。

20170519JAM2_MG_3222.jpg

こちらは、グリーンシティ内の廊下側のドアです。
ふわふわな新食感のかき氷だそうです。
どんなものか楽しみです。

20170513氷_MG_3016

中崎を通り抜ける車道としては、1本南側の道沿いで15日にオープンしたかき氷屋さんです。
台湾かき氷とあります。

この夏の中崎町は、かき氷の激戦区になるようです。

グリーンピース収穫しました。

去年の秋に種をまいたグリーンピース(タネの袋には実エンドウとも有り)の実を収穫しました。

20170517豆1_MG_3200

1年前のソラマメは、豆が3個か4個だったと記憶していますが・・・w
今回は大収穫でサヤが22個です!

20170517豆2_MG_3203

実はもっといっぱいです。
あたりまえですが。。。
が、わがミニ菜園の場合、かならずしもあたりまえではなく、サヤを開くと豆が入っていない、ということもよくあります。

自分で料理しなかったので、料理の写真はありませんけれど、おいしくいただきました。

カップヌードルの自動販売機

先日、茨木市の光の教会へ行った時通った大阪大学(吹田キャンパス)の生協で珍しいものを見かけました。

20170510カップヌードル1_MG_2871

カップヌードルの自動販売機です。
かつてはよく見かけたのですが、近年はまったく見かけません。

20170510カップヌードル2_MG_2873

しかも熱湯を提供するタイプです。
湯の温度も表示されているので、まだ使われているようです。

世界遺産とか称するものには関心がありません。
赤い丸型ポストの発明者・俵谷高七がポストのついた切手の自動販売機を発明したそうですが、
熱湯付きカップヌードル自動販売機とセットで世界遺産にならないものでしょうか。

光の教会へ行ってきました。

茨木市の光の教会・春日丘教会に行ってきました。
ご承知の通り安藤忠雄の比較的初期の代表作です。

20170510光の教会1_MG_3000

意外に近かったので自宅から歩きましたが、途中モノレールの阪大病院駅からは、何箇所かに電柱広告があり、ほぼ間違わずに行けました。

20170510光の教会2_MG_2909

事前に予約を入れて受付で名前を書きます。
若干の寄附をして教会に入ると、写真で見慣れた光の十字架が目に入ってきます。

20170510光の教会3_MG_2914

露出を変えて2種類の写真を撮りました。

20170510光の教会4_MG_2923

デザインの要でしょうか、「7」の字状のコンクリ壁が斜めに教会に入ります。
そのクロスするところに入れたガラスに写る十字架です。

20170510光の教会5_MG_2942

後ろには、こんな大きなパイプオルガンがありました。
どんな音響効果があるのか、一度聞いてみたいものです。

20170510光の教会6_MG_2967

実は光の教会にはもう一つチャペルがあって、こちらは木の十字架で、室内も家具の色も明るくなっています。

20170510光の教会7_MG_2990

2つのチャペルの間を撮ると構成主義的な抽象画のよう、クールで魅力的です。

20170510光の教会8_MG_2950

左から見ていくと、
「7」の字型の壁のつぎは、こんなトマソン風純粋階段です。

20170510光の教会9_MG_2957

次は小さな広場になっていて、弧を描くベンチがあります。
そして、ベンチの奥は・・・

20170510光の教会10_MG_2956

普通こんな写真載せませんよね。
ゴメンナサイ
でも大事な道具たちです。

20170510光の教会11_MG_2977

最後、十字架を乗せたこれはなんなんでしょう、ちょっと気になりました。
お墓のようなきもしますが・・・今度行ったら聞いてみよう。

5月13日は、14時オープンです。

勝手ながら、
2017年5月13日(土)は、
14時にオープンします。

20170330ブックフェスタ1_MG_1794

 | ホーム |  次のページ»»