FC2ブログ

お知らせ


利用案内

貸ギャラリーの申込みは終了しました。
営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


けさの梅田予備校〜中崎町写真ギャラリー

三日続いた涼しい好天気も、今日は残念ながら雨になりました。

20171118梅田予備校_MG_0017

中崎町では、強くはないですが朝からずっと雨が降っています。
梅田予備校もなんだかつめたそうです。

三色彩道、紅葉バージョン

この三色彩道定点観測は、毎月第一日曜に撮った写真を掲載していますが、紅葉の時期は、掲載間隔を短くして変化を見ています。
今日は先週に続いて一週間ぶりです。

20171112三色彩道1_MG_9795

老人会のお絵描き大会でしょうか、たくさんの高齢者の方が携帯用の椅子に座って写生していました。

20171112三色彩道2_MG_9789

このあたりは、まさに三色彩道の名の通り赤黄緑と信号のように色づいています。
だったら「シグナル彩道」に変えてもいいような・・・

20171112三色彩道3_MG_9783

千里アビイロードも三色です。

20171112三色彩道4_MG_9779

なぜか手前の木だけしっかりした緑色のまま、三色彩道の入口ゲートのように立っています。

久しぶりの梅田予備校

久しぶりの梅田予備校、というより中崎町写真ギャラリーだと思ったのですが、念のため確認すると2週間前、台風の日に撮っていました。

20171112梅田予備校_MG_9798

今日は5月を思わせる強い日差しのよく晴れた朝でした。
白い壁を入れると明暗がはっきりします。
手前の白い壁はアトリエBeBe という美容室です。

20171112梅田予備校2_MG_9809

こちらは、ちょうど反対側からのもの。
直射日光が手前のテントにあたり、梅田予備校の黒い文字に反射しています。

ペンギンのいるカレンダー

今年も、同じフロアにある雑貨「ハコミッツ」さんのペンギンの先生(すいませんお名前忘れました)からペンギンのスタンプを借りて、来年のカレンダーをペンギン色にしました。

20171104ペンギン1_MG_9284

最初ミドリのスタンプ台で押してみましたが、ちょっと薄い。
あわててロフトまでスリッパのまま走って、紺色のスタンプ台を買ってきました。
このページは表紙なので実際に使うことはないのですが、その分空きスペースも多く一番大きなペンギンもくつろいでいるようです。

20171104ペンギン2_MG_9286

2月はペンギンの家族風にしてみました。
ちょっとrishjulyさんのハウオリ家族ペンギン@ハワイもイメージしました。

20171104ペンギン3_MG_9288

4月は、ペンギン3兄弟.
一番上が「ペン」、一番下が「ギン」、
間にはさまれ・・・「ンギ」・・・発音しにくい・・・www

20171104ペンギン4_MG_9289

こちら、7月はなんと7兄弟!

20171104ペンギン5_MG_9290

11月には、大ペンギンを入れてみましたが、表紙と違って窮屈そうです。

これで、来年も一年間、ペンギンとともに楽しく仕事ができそうです。

FACE秋号入りました。

「FACE」の16号2017年秋号が入りました。
前号までは「FACE中崎村」だったのが「FACE天五中崎」に変わっています。



表紙は、CASA HOMS(カーサホムス)の増川さん。
ウォーター・ベアから直線距離なら20メートルくらいですが、まったく知りませんでした。

20171102face4_MG_9249.jpg

帰りにちょっと前を通ってみました。

細い道に沿った普通の民家で、うっかりすると通り過ぎてしまいそうです。

20171102face5_MG_9251.jpg

記事にもあった「インターホンを押してください」という看板もありました。

20171103face2_MG_9275.jpg

巻頭特集は、女性主人のバー。
中崎だけではさすがにきびしいからか、若干範囲は広がっています。

20171103face3_MG_9278.jpg

タイトルに「天五」が追加されたので、マップもこれまでの「Nakazaki」「Kurosaki・Ukita」に「Tenma」が追加されました。
しかし、中崎の細かさにくらべると、他の二つはまだまだのようです。

FACE 秋号は、1冊100円で販売中です。

11月の三色彩道

2週連続で台風に襲われた日曜日も今日はいい天気になりました。

20171105三色彩道1_MG_9307

朝夕はもうかなり寒くなってきています。
そのせいか、三色彩道もかなり色づいてきました。

20171105三色彩道2_MG_9310

例年通り列によって色づき加減は違っています。
三色彩道と言われるゆえんでしょうか。

20171105三色彩道3_MG_9299

千里アビイロードから見ると、手前の木々はまだまだ緑です。

20171105三色彩道4_MG_9296

しばらく、定点観測の間隔を短くします。

来年のカレンダー

来年(2018年)のカレンダーを買いました。

20171102カレンダー1_MG_9177

僕がカレンダーに求めるものは、
1. 月曜始まり
2. 6行になる月は、一ますを二つに分けてはみ出た日を押し込まず6行にする

20171102カレンダー2_MG_9180


と、スケジュール帳とほぼ同じですが、あと
3. 裏面を他の月にしない
という条件が加わります。
紙を節約するためか、裏に次の月や6ヶ月先の月を印刷したものがありますが、これは非常に使いづらいのでだめです。

20171102カレンダー3_MG_9183

これは裏面が方眼になっていて、まず使うことはないのですが、急にメモが必要になった場合使えます。

20171102カレンダー4_MG_9178

実はこのカレンダー、去年(2016年)に使っていたのですが、カレンダー本体にはメーカー名など書いてなかったので、捜すのに苦労しました。
たまたま、エキスポシティのロフトで見つけたので、すかさず購入しました。
今回はこの部分を切り取り、貼り付けておきます。
偶然ですが、来年のスケジュール帳にも「RYU-RYU ASHIYA」と書かれていたので、同じメーカーのようです。

20171102カレンダー5_MG_9186

細かいところでは、底に切り込みが入っていて折り返すと、

20171102カレンダー6_MG_9184

安定します。

今回はこのシンプルなカレンダーが、ペンギンのカレンダーに変身します。

ことうあかり さん TOPPAN賞 受賞しました!

ウォーター・ベアの常設展示でもおなじみのことうあかりさんが、先日心斎橋大丸で開かれた「ART stream 2017」でTOPPAN賞を受賞しました。

20171021アート・ストリーム1_MG_8777

これまでは、額装した絵を並べるような展示が多く、額に加工したり小さなオブジェをつけたりといったこだわりはありましたが、比較的地味な感じでした。
今回はごらんのように、代表作のキャラクターを手作業で拡大し、さらに一部立体化してインスタレーションふうのインパクトのある展示になりました。

思えば2015年の春、近所の ITohen さんではじめての個展をされたとき、打ち合わせの帰りに寄ってくれたのがきのうのことのようです。
その後も、去年のアンノウン・アジア参加やウォーター・ベアでの個展などで着実に独自の作風を展開してくれています。

これからも、受賞を繰り返し、実力派のオンリーワン作家に育っていってくれることを期待しています。

ART streamの受賞者についてはこちらをごらんください。

kitone〜音を憶えるとき:後半です

kitone(キトン)〜音を憶えるとき 加藤唯 コラグラフ展 も後半になりました。



展示風景です。

20171102kitone3_MG_9195.jpg

「絵だけで音を伝えるカレンダー」のための作品です。

20171102kitone1_MG_9190.jpg

左から1月、2月・・・の順になります。

20171102kitone5_MG_9204.jpg

作品の下にある同色の直方体は、キャプションというより作品の音を文字化したもので、これは2月の音です。
これだけでも、ダダの詩のようで面白い。

20171102kitone4_MG_9202.jpg

これは1月。

作品だけ見てこちらを見落としている人もいますが、こちらもぜひ見ていってください。

NHKでホスピタルアートの紹介番組

NHKのEテレで、ホスピタルアートを紹介した番組「病院にアートがあるということ」がアンコール放送されます。
放送日時は、
2017年11月13日(月)の20時から、
再放送が11月20日(月)13時5分からです。

ウォーター・ベアも会員のNPO法人アーツプロジェクト理事長の森合音さんが勤める「四国子どもとおとなの医療センター」のアート活動を中心にホスピタルアートを紹介します。(理事長というと高齢者を連想しますが森さんは若い人です。)

番組の内容については、こちらをご覧ください。

アーツプロジェクトについては、こちらをご参照ください。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»