利用案内

営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
530-0015
大阪市北区中崎西4−1−7 グリーンシティ 205号
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

プロフィール

water bear

Author:water bear
大阪市北区中崎西(中崎町)にあるギャラリーです。お世話になった現代美術への恩返しとして若い現代アート作家を応援します。ウォーター・ベアは、環境ストレスへの驚異の耐性を持つくまむしさんのことです。
また、まちライブラリーとして図録数百冊を自由に見ることができます。
お申込みは、アドレス:yo_kai_yf6@me.com へお願いします。
URL : http://waterb.jp


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この ブログ は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
*他者に著作権のあるものはこの限りではありません。

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


美帖4・5合併号入っています。

美術手帖の4月5月合併号が入っています。

20180323美帖_MG_3732

特集はアート・コレクティブ。
要するに団体。
グループ制作と作家のグループ・協会・会社なども含めた概念・・・という概念があるというよりそういうくくりで特集を組もうとしているだけのようです。
いささか本文でも混乱しているのは、耳慣れない横文字の術語を使えば何か新しいことを言った気がする人が多いのと、旧来美術と一線を画した現代美術というものが、いまだに存在していると思う人が執筆者に多いからでしょう。

それならいっそ、
農協のアートワーク=アースワーク、
アートとしての医師会=バイオアート、
最強のアートパフォーマー集団、キャリア官僚の世界=ソーシャルアート=忖度アートor答弁パフォーマンス、
とかやったらいかがでしょうか。

ところで、この号からいよいよ隔月刊になるそうです。
隣接分野では、文学が月刊→季刊→隔月刊と迷走したあげく廃刊したのは記憶に新しいですし、スイングジャーナル・日本の美術やW国文学がなくなってから何年たつでしょう。
だいじょうぶかな?
スポンサーサイト

よく目立つゲリラ

20180330ゲリラ_MG_3806

茶屋町から鶴野町を経て中崎西に向かう新御堂下の交差点で目に入りました。
ゲリラというものは、普通目立たないように行動するものだと思っていましたが、これは目立ちます。

中崎のライブスポット、創徳庵

中崎町ではライブハウスも古民家改造型になります。

20180325創徳庵_MG_3775

創徳庵。
週末に前を通るとよくライブをやっています。

20180325創徳庵_MG_3777

昼間はまったく何の店だかわかりません。

でも、少人数で音楽を楽しむのには向いているように思えます。
日本では空家が増えていくと報道されているので、その活用のためにこういうスペースが増えていくかもしれません。

サクラの梅田予備校

なんだか少し早いような気がしますが、サクラが満開です。

20180330梅田予備校_MG_3822

梅田予備校にも春が来ました。

20180330梅田予備校_MG_3813

梅田予備校の脇には一本のサクラの木があります。
梅田予備校の脇のサクラの木のサクラの花も満開です。

20180329梅田予備校_MG_3803

夜には夜ザクラになります。
花見の人はほとんどいません、

落書きコーナー復活!

しばらく設置していなかった落書きコーナーを復活させました。
半年ぶりくらいでしょうか。
ウォーター・ベアで一番人気のあるコーナーかもしれません。

20180330落書きコーナー_MG_3825

カラン・ダッシュの80色色鉛筆とクロッキー帖を置いています。
ご自由に絵をお描きください。
なお、お描きになった絵は持ち帰らないようにしてください。

芳名帳廃止しました。

芳名帳(芳名録)を廃止しました。
落書きコーナーの落書き貼やことうさんへのメッセージノートなどにも、お名前など個人情報を書かないようお願いします。

20180329芳名帳廃止_MG_3800

なお、当ギャラリーをレンタルして個展・グループ展を開く作家さんが芳名帳等を置くことはあります。

きのうの大そうじと新しい常設作品

春らしく暖かい日が続きます。
きのうは、展示の変わり目なので大そうじと展示替えをしました。

20180329空調機_MG_3794

床に掃除器をかけた後、モップでていねいに拭きました。
空調機のフィルターも水洗いしてさっぱりしました。

20180329BAN_MG_3798.jpg

その後の展示替えでは、新しく BANさんからお預かりした2点を展示しました。
奥に見えているサイダーさんの作品とともにモノクローム・コーナーになります。

ぎゃらりー ウォーター・ベアは、白い壁の、空間が主張しないスペースなので、ペン画や銅版画といったモノクロームでサイズの小さな作品も映えます。

BANのカエル展、終わりました。

BANのカエル展、盛況のうちに終了しました。



2日間で約130人の方がご覧になりました。
物販の方も好調だったようです。

201801252018DM_2.jpg

ご来廊のみなさま、ありがとうございました。

BANのカエル展、始まりました。

藩(BAN)さんの1年半ぶりの展示「BANのカエル展」、本日オープンしました。



これはカエルの十二支、左端上から下そしてその右上へ、子丑寅・・・の順です。

20180324BAN3_MG_3747.jpg

ウエルカムコーナーです。

20180324BAN2_MG_3746.jpg

カエル・カエル・・・
ギャラリー内カエルだらけ〜

20180324BAN6_MG_3754.jpg

グッズコーナー
前回も好評だったポーチのほか、ポストカード、缶バッチなどが並んでいます。

20180324BAN5_MG_3753.jpg

前回一緒に展示した「へん」さんのグッズコーナーもあります。
猫のポーチ類以外に貝のアクセサリーなどもあります。

20180324BAN7_MG_3756.jpg

前回展示した作品も一部展示しています。

20180324BAN4_MG_3748.jpg

BANのカエル展は、明日3月25日(日)18時までです。

太陽の塔内部公開

20180313太陽の塔_MG_3452

少し前まで太陽の塔のまわりが大きく囲われて耐震工事などをしていましたが、工事も終わりすっかり囲いもなくなりました。

今日から太陽の塔内部の一般公開が始まるそうです。

「48年ぶり」などと書かれていますが、10年ほど前名鉄観光の企画でツアー公開されていて中に入ったことがありますので、その頃以来ということでしょうか。
もっともその時は、修復されておらず廃墟に近い状態でした。

それと前後して、ヤノベケンジがアトムスーツを着て万博当時の目玉ジャックを真似て点検口から出た映像や、目玉男を見つけ出してインタビューしたビデオが公開されました。(都現美で見ました。)

またなんとかいうマンガが映画化された時出てくるなんとか塔に変身したこともありました。(なんとかばかりでわかりやすくてゴメンなさい)

20180313太陽の塔_MG_3445

前回はお祭り広場のスタンド下の空間から地下道を通って行きましたが、これからは新設されたこのスロープを降りて入口へ向かうようです。
前方の円筒はエレベーターです。

今度の公開にあたっては、70年当時に近い姿に復元したそうです。

20180313太陽の塔_MG_3450

予約制で当面ずっと満員のようですが、予約しなくても入れるようになったら入ってみます。
(写真は3月13日のものです。)

 | ホーム |  次のページ»»