FC2ブログ

お知らせ


利用案内

貸ギャラリーの申込みは終了しました。
営業時間
12:00〜19:00
休廊日
定休日:火曜日(祝日・振替休日の場合でも休みます。)
ほか不定休(おもに月曜または水曜)。
住所
ホームページ   http://waterb.jp
e-mail  yo_kai_yf6@me.com

カテゴリ


最新記事


リンク


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


timid rift よき個展 始まりました。

よきさんの個展「timid rift」 が始まりました。

20181130よきIMG_0549

35点ほどのドローイングそれぞれに短いメッセージが添えられています。

20181130よきIMG_0548

絵も言葉も、時々の心象を反映したものでしょうか。

20181130よきIMG_0550

よき個展 timid reft は、12月3日(月)まで開催します。
12時から19時までですが、最終日は17時までとさせていただきます。
スポンサーサイト



timid rift / よき個展

「よき」さんの個展です。
”timid rift”

2018年11月30日(Fri)〜12月3日(Mon)

初日は14時から
最終日は17時まで

20181108よき個展_MG_9829

続きを読む »

来年の手帳・スケジュール帳・カレンダー

そろそろ来年の準備をする季節になりました。
毎年この季節になると頭を悩ませることになる、手帳類選びを済ませました。

20181118手帳_MG_0181

まず手帳は来年もブラウニーのA6(文庫サイズ)にしました。
手帳の条件は、見開き一週間、月曜始まり、自由筆記部分が方眼、横書きで幅が短くなる縦長のバーチカルはダメ、月単位のページは5行に収めるため特定の日の欄が半分になるのはダメ、ペンを挿せる・・・といったところでした。

20181118手帳_MG_0179

この手帳は、一見バーチカルですが、90度右へ回すと記入欄が横長になるというアイデアものです。また中央部分の色が変わっており、仕事とプライベートなど別々の用途に使うことが可能です。

20181118手帳_MG_0183

手帳だけではペンを挿すことができないので、コクヨのシステミックを追加してカバーを入れ替えて使います。来年でで3年目になりだいぶくたびれてきたので新調しました。システミックに入っているノートと手帳のカバーはセットで、年末年始プレゼントコーナーに置きます。

20181118スケジュール帳_MG_0189

次にスケジュール帳の条件は、見開き一カ月で6行になっていること、月曜はじまり、自由筆記欄は方眼で多すぎないこと等でした。
今年用は、前年までの無印良品のものがなかったのでずいぶん探して、結局カレンダーと同じリュリュアシヤのものにしました。

20181118スケジュール帳_MG_0190

が、今年はなんとコクヨのキャンパスノートで条件にぴったりのものがあったので、即決定。予算的にも半額程度です。

20181118スケジュール帳_MG_0193

まっさらの手帳とスケジュール帳を並べると「来年も頑張るぞ〜」という元気が湧いてきます。

20181118カレンダー_MG_0185

最後は卓上カレンダー。
条件は、6行、月曜はじまり、両面使用は不可、くらいでサイズはB6程度。
来年は無印から回ろうかな。
20181118カレンダー_MG_0186

今年と同じRyuRyuAshiyaのもで決まりです。
また、hakomittsuのペンギンの先生からスタンプをかりてペンギンカレンダーにしたいと思っています。

ところで、全部買い揃えてから無印良品へ行ったら条件に合うスケジュール帳とカレンダーがあってびっくりしました。

JRガード下の中崎町

中崎町の西の端、JR京都戦のガード下も中崎西になります。
南の方は商店が多く入っていますが、主に倉庫として使われていた、その北のほうは長い間柵で囲われて耐震工事などが行われていました。

20181123中崎_MG_0229

おととい、そこを通ると柵が外されて内装工事が始まっていそうなようすでした。

20181123中崎_MG_0232

なにになるのかとポスターを見てみると、イオンの食品スーパー。
確かにこのあたりにはスーパーはなく、本庄の業務スーパーが一番近いと思うので待望の店かもしれません。
できれば中崎で一番大きな店舗になるはずです。

コンビニ以外大きな資本が入ってなかった中崎町です。
このイオンの進出が中崎の変わっていくきっかけにならなければいいのですが。

六甲ミーツアート

今年も六甲ミーツアートへ行ってきました。
例年、見ごたえのある作品が多いのと、足で登るので、何回かに分けていきます。
が、今年は単に寝過ごしたせいで、ケーブル使ったのに2日間になりました。
印象に残ったものを紹介します。

20181107六甲_MG_9669

まず六甲枝垂れから、松陰中高美術部。
逆光の効果をねらったので、こんな巨大な蜘蛛の足のようになりましたが、実際は白くて美しい作品です。

20181107六甲_MG_9692

ロープウェイ駅へ行く途中の道、厚地朋子。
海岸の絵とフレームをセットで作品としたもので、村上春樹原作の映画「ハナレイ ベイ」を見た後だったので、片足のサーファーはいないかと探してしまいました。
で、これはフレームのみのバージョン。村上三郎の「あらゆる風景」をなぞると「一つの風景」というところでしょうか。

20181107六甲_MG_9698

ロープウェイの駅では、志茂浩和。
箱の中は、すりガラス越しにぼんやり人物が見える映像作品ですが、それより裏へ回ると・・・

20181107六甲_MG_9722

こっちの方が気に入りました。

20181107六甲_MG_9729

カンツリーハウスに入ると久保寛子。
この前の墜落したUFOが強烈だったのであまり驚きませんが、こんなホスピタリティあふれる作品が増えてきているように思います。
この左奥が、1回目だったかのオフコース・ヒル、設定が複雑すぎでしたが、このあたりに来ると「もちろんもちろんオフコース」という繰り返しが頭の中をくるくる回ります。
その先の芝生の山では、六甲おろしと芝漬けというサイトダジャレティックな作品が、さらに先のスキー場のロッカールームでは、さわひらきが、と過去の作品が思い出されます。

20181107六甲ミーツアートIMG_0506

風の教会では、そのさわひらき。
窓の外は月が落ちてきたのではなく、円形のスクリーンです。

20181107六甲ミーツアートIMG_0510 2

こちらは凸レンズに写した映像です。
安藤忠雄のミニマルな空間とさわひらきのミニマルな映像、僕はインスタレーションはいらなかったと思いました。

20181113六甲_MG_9974

今回は記念碑台も会場になっています。「人生」は、六甲枝垂れにも作品のあった佐川好弘。
上に乗れますが、二つあって左の布をかぶせた方は修理中でした。
人生ままならぬ、といったところでした。

20181113六甲_MG_0015
20181113六甲_MG_0018

オルゴールミュージアムでは。OBIの作品。
見る場所により色が変わるという、設営に気が遠くなるような作品です。
となりにあった石を積み上げた作品とともに、手間がかかったり技術が必要だったりということと作品の価値は別です。

20181113六甲_MG_0113

高山植物園では、中尾慶一郎。
白いオブジェかと思ったら、反対に回ると入口があり中に絵が描いてありました。残念。

20181113六甲_MG_0127

もう一つ、神谷紀彰。
なぜか六甲では、洗濯物系のアートが多いのですが、これもその一つかと思ったらワレモノでした。

なんばの廃墟

少子高齢化がすすみ、住む人のいなくなった家が放置され廃墟になっているところが増えているそうです。
瀬戸内芸術祭で行く島々でも、時々崩れかけの家を見かけることがあります。

20181119なんば_MG_0200

が、まさか大阪の真ん中、難波の高島屋前にそんな建物があるとは思いもよりませんでした。
なんでも、建物の所有者がわからないだけでなく、一帯の土地の権利が錯綜していて、手のつけようがないようです。

近未来の日本を見るような光景でした。

11月2週目、3週目の三色彩道

秋も深まってきました。
先週も三色彩道の写真を撮っていたのですが、アップできませんでしたので2週分を掲載します。

20181118三色彩道1_MG_0171
11月18日

20181111三色彩道1_MG_9878
11月11日

先週も今週もたくさんの人が来ていました。
先週(11日)は車が多かったので大きくトリミングしています。
一方今週18日は老人会のスケッチ大会でしょうか、年配の方がたくさん絵を描いておられました。
この定点観測場所でもすぐ前に立ってスケッチする人がいたので、道路に出て撮っています。

20181118三色彩道2_MG_0176
11月18日

20181111三色彩道2_MG_9871
11月11日

冬の散歩道は、かなり落葉の量が増えてきたようです。
これでも人通りが減るのを待って撮ったものです。

20181118三色彩道3_MG_0159
11月18日

20181111三色彩道3_MG_9863
11月11日

千里アビイロードから見ると、紅葉した葉が増えてきているのがわかります。

20181118三色彩道4_MG_0163
11月18日

20181111三色彩道4_MG_9869
11月11日

1週では、微々たるものですが、確実に冬が近づいてきています。

(今回は人や車がたくさん写ったので、いつも以上に画素数を下げ拡大しても人物の特定やナンバープレートが読めないようにしています。)

さっぱりした梅田予備校

中崎町のミニマルアートスポット、梅田予備校ですが、

20181114梅田予備校_MG_0143

なんかちょっと違うようなーー。
3本あったサザンカがさっぱりと散髪しています。

20181114梅田予備校_MG_0152

でもここまで切ってしまっていいんだろうか。
サザンカの花ってこれからだったような。

20181104梅田予備校_MG_9413

夜景もあげておきます。
バイク入れのテントの全体が写せるのも珍しいと思います。

20181104梅田予備校_MG_9422

冬の間に枝が伸びるのか、観察したい。

晩秋のゴーヤ

ベランダのゴーヤです。
今年は夏の間全く実をつけなかったのに、秋になってから次々に実ってきます。

20181114ゴーヤ1_MG_0131

例年なら、もう枯葉を片付けて根を抜いてしまおうという季節ですが、まだまだ成長しています。

20181114ゴーヤ_MG_0130

このままだと冬のゴーヤも有りかもしれません。

11月第1週の三色彩道

11月になりました。

20181104三色彩道1_MG_9397

今日もいい天気で、三色彩道もスケッチする人、写真を撮る人など少しにぎやかになってきました。
かなり色づいてきています。

20181104三色彩道2_MG_9395

同じ種類の木だったはずですが、左右で対照的です。

20181104三色彩道3_MG_9380

千里アビイロードから見ると前後で対照的になりますね。

20181104三色彩道4_MG_9382

今日は拾ってきた葉っぱの写真を一枚追加します。

20181104三色彩道ふう_MG_9407

左の葉が三つに分かれている方がこの辺り(撮影場所)のものです。
右の葉が五つに分かれているのは、この先にある交差点の向こう、駅に近い並木の葉っぱです。
三色彩道の木は「台湾ふう」と「アメリカふう」と何かで読んだ記憶があります。
が、どちらがどちらなのかよくわからないので、また調べてみます。

 | ホーム |  次のページ»»